【スペイン語入門】スペイン語の数の数え方:1〜100

どうもポジートです。今回の【スペイン語入門】はスペイン語の数の数え方について解説していきます。

1〜29までをまず解説し、そこからは法則に則って数を数えて行くことになります。

この記事で分かること

  • スペイン語の数の数え方:1〜100まで

1〜10

0:cero

発音:セロ

1:uno

発音:ウノ

2:dos

発音:ドス

3:tres

発音:トレス

4:cuatro

発音:クアトロ

5:cinco

発音:シンコ

6:seis

発音:セイス

7:siete

発音:シエテ

8:ocho

発音:オチョ

9:nueve

発音:ヌエべ

10:diez

発音:ディエス

1〜20の数え方

スペイン語の1〜29の数え方については、日本語では基本的に10の位+1の位ですが、スペイン語では専用の単語を使います。

またそこからは基本的に日本語と同じ数字の法則になります。

11:once

発音:オンセ

12:doce

発音:ドセ

13:trece

発音:トレセ

14:catorce

発音:カトルセ

15:quince

発音:キンセ

16:dieciséis

発音:ディエシセイス

16からはスペイン語では106という言い方になります。

綴りで表すと…

diez y seis

上記のyというのは英語で言うandにあたり、16〜29までは10の位と1の位を一つの単語にするためにyをiにくっつけます。

dieciséis

因みに、seisの上のeにはアクセント記号をつけましょう。

17:diecisiete

発音:ディエシシエテ

18:dieciocho

発音:ディエシオチョ

19:diecinueve

発音:ディエシヌエベ

20:veinte

発音:ベインテ

21〜30

スペイン語では20〜29までは一つの単語で表します。

21:veintiuno

発音:ベインティウノ

20代の数字も16〜19と同じく10と1の位の数字の間でveinte(20)のeをiに変えて一つの単語にします。

veinte y uno →   veintiuno

22:veintidós

発音:ベインティドス

23:veintitrés

発音:ベインティトレス

24:veinticuatro

発音:ベインティクアトロ

25:veinticinco

発音:ベインティシンコ

26:veintiséis

発音:ベインティセイス

27:veintisiete

発音:ベインティシエテ

28:veintiocho

発音:ベインティオチョ

29:veintinueve

発音:ベインティヌエべ

30〜100

30以降は基本的に10の位と1の位の間にyを入れて二つの単語として扱います。

30:treinta

発音:トレインタ

31:treinta y uno

発音:トレインタ イ ウノ

直訳すると「30と1」になり、スペイン語は30以降の数字をこのように扱います。

40:cuarenta

発音:クアレンタ

50:cincuenta

発音:シンクエンタ

60:sesenta

発音:セセンタ

70:setenta

発音:セテンタ

80:ochenta

発音:オチェンタ

90:noventa

発音:ノベンタ

100:cien

発音:シエン

まとめ

今回はスペイン語の1〜100までの数え方を解説しました。

日本語と違って数字の考え方が少し違いますが、法則に従って覚えて行けば難なく数字をマスター出来ると思います。

ゼロから始める 書き込み式スペイン語BOOK

新品価格
¥1,100から
(2020/8/6 09:18時点)

改訂 スペイン語の入門 ()

中古価格
¥199から
(2020/8/9 09:41時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました