第25限:スペイン語の動詞【不規則動詞シリーズ3】

ポジートのオンラインスペイン語教科書第25限は【不規則動詞シリーズ3】として不規則であるが、頻出する動詞を紹介していきます。

この記事で分かること

  1. 完全な不規則動詞と活用
  2. その他1人称単数の活用が-goで終わる動詞

完全な不規則動詞と活用

あまり数は多くはないですが、今までの不規則動詞というのは語幹が変化しませんでしたが、

今から紹介する動詞は1人称単数形がのみ完全に動詞の原型から変化します。

その他の人称の活用は基本的な3パターン(AR動詞、ER動詞 IR動詞)の活用方法に従います。

saber:知る

saberという動詞は知る、知っているという意味で頻出する動詞です。

  単数 複数
1人称 Yo Nosotros sabemos
2人称 Tú sabes Vosotros sabéis
3人称 Usted sabe Ustedes saben

saberの1人称単数は3人称間接目的語の対格のse(直接目的語与格とセットで使用した場合)と混同しないようにアクセントを付けます。

haber:〜がある

このhaberという動詞は不規則動詞なのでここで紹介し、活用形についても解説しますが、基本的にはhaberを単体で使うことはありません。

日本語でも「わたしがある」なんて言い方しないですよね。

このhaberという動詞には2つ使い方があり、

  1. 現在完了形という時制を使う場合
  2. 通常のhaberの活用形ではないhayという形を使い「〜がある」と表現する場合

この2つについてはまた別の記事で解説するので頭の片隅に置いておいてもらえれば大丈夫です。

因みにこのhaberは全ての人称において不規則な変化をします。

  単数 複数
1人称 Yo he Nosotros hemos
2人称 Tú has Vosotros habéis
3人称 Usted ha / hay Ustedes han

 

hayは「〜がある」という際に性数関係なくhayという形を使います。

caber:〜に入れる

このcaberという動詞も1人称のみ不規則変化を起こす動詞になります。

1人称単数形

quepo

あとの人称の活用は基本的なER動詞と一緒なので省略してしまいます。

その他1人称単数の活用が-goで終わる動詞

前回うっかり解説し忘れていた、1人称単数のみ−goで終わるその他の動詞について解説したいと思います。

1人称単数以降の活用は基本的な動詞の活用と一緒なので省略します。

hacer:する、作る、〜に〜をさせる

1人称単数

hago

このhacerという動詞は色々な意味があり使う機会が非常に多いのでよく覚えておきましょう。

traer:持ってくる

1人称単数

traigo

oír:聞こえる

1人称単数

oigo

このoírという動詞は、動詞の原型は基本的に語尾の部分に来るので、普通アクセント規則ではoが強母音であるためにoにアクセントが入ってしまいますが、

動詞のアクセントルールを守るためにiにアクセント記号が入ります。

このoírという動詞は1人称単数以外は不規則ではないものの、少し注意が必要なのでその他の人称活用形を載せておきます。

  単数 複数
1人称 Yo oigo Nosotros oímos
2人称 Tú oyes Vosotros oís
3人称 Usted oye Ustedes oyen

 

decir:言う

digo

まとめ

今回は主に完全に不規則変化する動詞について解説しました。

あまり数は多くはありませんが、どれも重要な動詞なのでしっかり覚えましょう。

※不規則変化動詞シリーズ

ゼロから始める 書き込み式スペイン語BOOK

新品価格
¥1,100から
(2020/8/6 09:18時点)

改訂 スペイン語の入門 ()

中古価格
¥199から
(2020/8/9 09:41時点)

極める! スペイン語の動詞ドリル《CD付》

新品価格
¥2,750から
(2020/8/9 10:48時点)

カシオ CASIO 電子辞書 エクスワード スペイン・ポルトガル語モデル XD-SR7500 74コンテンツ

新品価格
¥32,799から
(2020/8/9 09:29時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました