第18限:スペイン語の所有詞「僕の〜/私の〜」の言い方 所有詞1(所有形容詞)

ポジートのスペイン語オンライン教科書第18限目はスペイン語の「僕の〜/私の〜」を表現する「所有詞」という所有を表現する品詞の「所有形容詞」について解説していきたいと思います。

所有形容詞というのは、「私の・君の」といった代名詞の所有について表現する品詞になります。

英語で言うmyとかyourですね。

この記事で分かること

  1. 所有形容詞一覧
  2. 所有形容詞は必ず名詞とセットで使う
  3. 所有形容詞は性別を合わせなくていい!だけど数だけは合わせよう
  4. 代名詞以外の「誰々の〜」の言い方

所有形容詞一覧

それでは早速所有形容詞を見ていきましょう。所有形容詞は全て名詞の前に置く前置形という形になります。

私の:

単数形:mi 複数形:mis

君の:

単数形:tu  複数形:tus

あなたの/彼の/彼女の

単数形:su  複数形:sus

1人称複数所有形容詞:私たちの

男性形単数:nuestro 男性形複数:nuestros
女性形単数:nuestra 女性形複数:nuestras

君たちの:

男性形単数:vuestro 男性形複数:vuestros
女性形単数:vuestra 女性形複数:vuestras

あなたの/彼の/彼女の

単数形:su 複数形:sus

複数形は単数形にsを付ければいいだけなので簡単ですね。

男女の形も男女同形でないのはnuestoとvuestroだけですので覚えるのはそんなに難しくはないはずです。

所有形容詞は必ず名詞とセットで使う

前の指示形容詞でも解説したので、わかっている方もいるかもしれませんが、

所有形容詞はそれ単体では存在できないので、必ず名詞とセットで使います。

所有形容詞は名詞に性数一致しよう

所有形容詞は指示形容詞と一緒で修飾する名詞に対して、性別と数を一致させましょう。

私の本
mi libro

君の家
tu libro

君の犬達
tus perros

私達の本達
nuestros libros

君たちの学校
vuestra escuela

彼らのりんごたち
sus manzanas

良くある間違いが主語に対して数を一致してしまう場合です。

特に3人称複数で起こってしまいがちです。

例)彼女達は彼の本を開く

間違い:
Ellas abren sus libro.

正解:
Ellas abre su libro.

所有形容詞は上で説明した通り、それを修飾する名詞に対し性数一致します。

この場合「私の本」なので修飾する名詞は「本」になるため。

性別と数はlibroの名詞に合わせます。

代名詞以外の「誰々の〜」の言い方

今までは私の、君のといった代名詞で定められた所有の形しか出てきませんでしたが、

例えば固有名詞(個人の名前、地名などの固有の名詞のこと)を使った場合などはどうでしょうか?

田中さんの靴
Los zapatos de Tanaka.

上記のように所有形容詞以外を使って「誰々の〜」と言う時は前置詞のdeを使いましょう。

この時に注意してもらいたいのが、「〜の」言い方は日本語と逆になります。

「田中さんの〜」と言う時は田中さんをdeの後ろに持ってきます。

これは前置詞というものの性質で、

前置詞というのは主にものの概念的(イメージ的)な所在(中、外、上、前など)を表す品詞ですが、

全て修飾する言葉の前に置くから「前置詞」と呼ばれます。

まとめ

今回は「誰々の〜」の意味を表す所有形容詞を解説しました。

変則的な変化はほとんどしないので覚えやすく、これを使えるだけで表現が大幅に増えるので、

必ず名詞の前で使う、性数を一致させるという部分をしっかり抑えてマスターしましょう。

次回は形容詞と名詞がセットでなくても「私のもの」と言えるようになる、所有代名詞を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました