海外移住にはどれくらいのお金が必要? 年収250万円で海外移住した話

どうも、ポジートです。

このブログを読んでくれている方の中には「将来海外移住してみたい」と興味を持ってる方がいると思いますが、

それと同時に「海外移住にどれくらいお金が掛かるのか?」ということも気になるかと思います。

「海外移住ってすごくお金が掛かりそう」というイメージがあるかと思いますが、実際のところそこまで馬鹿みたいにお金が掛かるわけではありません。

実際に僕は社会人1年目が終わった時点で年収が大体250万円くらいで海外移住しているので、ちゃんと根拠を持って必要な費用を算出して準備出来ていればそんなに難しい話ではないと思います。

今回は、海外移住する際に実際に掛かった費用項目について紹介していきたいと思います。

海外移住に掛かる費用

早速、海外移住に掛かる費用を一般論で紹介していきたいと思います。

航空券(交通費)

一応日本は島国で、外国に行く手段としてはまず飛行機なので航空券の費用が必要です。

移住する時期に制約がない場合は安い時期を狙って購入すれば良いかと思います。

元々日本を出る前に仕事が決まっていて、余程ケチな会社でない限りは航空券代も支給してくれるはずです。

あと、空港までの交通費もちゃんと予算の中に入れておきましょう。

現地で部屋を借りるまでの宿泊代

これも仕事が既に決まっていれば会社が支給してくれる場合もありますが、

ここで大事なのが、もし就労ビザでその国に移住する場合はビザが取れるまで身分証明が出来ないから部屋を借りれないことがあるということです。

パスポートを見せて部屋を貸してくれる というのもあまり無いと思うので宿泊代もちゃんと予算に入れておきましょう。

数ヶ月分の生活費

仕事が決まっている決まっていないに関わらず、数ヶ月分の生活費はちゃんと持っておきましょう。

一応ここで言う生活費は生活の最低限を賄うための生活費なので内容としては:家賃、食費、光熱費、医療費、通信費分を考慮しておけば大丈夫だと思います。

家賃は、移住してから部屋を借りて家具を一通り揃えるとエライ金額になるので、家具付きの部屋を借りれば少し家賃が高くなる代わりに一度に大きな出費をすることを防ぐことが出来ます。

生活費の水準は現地に知り合いがいれば聞いてみるのもいいし、語学が出来るのであればネットで調べられるはずです。

仕事が決まっている場合は最低でも3ヶ月分、決まっていない場合は約半年分用意しておけばなんとかなるはずです。

日本で清算が必要な費用

僕の場合は携帯電話の満期前の解約の違約金などがありました。

負債がある場合はちゃんと出国前に清算しておきましょう。

ポジートの出国時の所持金

因みに僕が海外移住(メキシコ)を決断した時には社会人1年目で貯めた100万円がありましたが、色々清算して出国時には70万円くらいになりました。

そこから上に書いた費用を差し引いたら大体生活費4〜5ヶ月分くらいが残って、出国前に仕事も決まっていたので特にお金の心配なく移住を無事に行うことが出来ました。

当時の年収も社会人1年目と言うこともあり、確か250万円くらいだったけど、最初の会社に入った時点で海外移住することを決めたので、

どのくらい移住にお金が掛かるのか見通しを立てて物凄く頑張って節約したのを覚えていますww

まとめ

今回は海外移住に必要なお金についてまとめました。

海外移住したいと思っている方は、「早くあの国に住みたい!」と焦る気持ちもあるとは思いますが、先立つものが無いと移住してから大変な思いをしてしまうので必要なお金をちゃんと計算して準備してから海外移住の夢を実現させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました