第44現:スペイン語点過去動詞の活用(dar/ver)

動詞(直説法過去)

ポジートのオンラインスペイン語教科書第44限目は前回までは点過去の規則動詞活用パターンを解説しましたが、dar/verは現在形の活用と一緒で点過去でも少し不規則な活用をするので解説していきます。

dar/verの点過去活用パターン

1人称単数だけ不規則変化を起こす

不規則に変化するとは言ったものの、dar/verは現在形の活用と一緒で1人称単数だけで不規則な変化をします。

Dar(与える)

Yo di

Ver(見る/会う)

Yo vi

darはAR動詞なので一人称の活用ではdéになると考えてしまいますが、不規則変化動詞なのでdiになります。

また、AR /ER /ER動詞の1人称単数では点過去活用時にアクセントが付いていましたが、dar/ver/irは母音が一つしか無いためアクセントは1人称単数の活用形には付きません

他の活用形はER /IR動詞点過去活用と一緒

先にも書きましたが、darとverに限っては1人称単数の活用だけが不規則なだけであって、あとはER /IR動詞の点過去活用と一緒です

Dar動詞点過去活用

  単数 複数
1人称 Yo di Nosotros dimos
2人称 Tú diste Vosotros disteis
3人称 Usted dio Ustedes dieron

darの3人称単数形の活用で注意しなければならないのが、通常ER /IR動詞点過去の3人称単数は-ióとアクセントが付きますが、Darの場合は元々iが弱母音、oが強母音のセットで一つの母音と考えられるのでアクセントは付けないようにしましょう

Ver動詞単数点過去活用

Yo
  単数 複数
1人称 Yo vi Nosotros vimos
2人称 Tú viste Vosotros visteis
3人称 Usted vio Ustedes vieron

VerもDarと同様の理由で3人称単数形の点過去活用のoにアクセントは不要です

まとめ

今回は点過去動詞の不規則活用をするdar/verの活用方法を解説しましたが、「1人称単数だけ不規則で後は他のER /IR動詞と活用はほぼ一緒」とだけ覚えておきましょう。

次回はEstarとSer動詞の点過去動詞活用について解説します。

極める! スペイン語の動詞ドリル《CD付》

新品価格
¥2,750から
(2020/8/9 10:48時点)

改訂 スペイン語の入門 ()

中古価格
¥199から
(2020/8/9 09:41時点)

カシオ CASIO 電子辞書 エクスワード スペイン・ポルトガル語モデル XD-SR7500 74コンテンツ

新品価格
¥32,799から
(2020/8/9 09:29時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました