第6限:スペイン語の単数形・複数形

ポジートのスペイン語オンライン教科書第6限目は、スペイン語の名詞の単数・複数について解説していきます。

日本語ではあまり「〜たち」と言ったりはしますが、あまり物に対して複数形を使って表現はしません。

ところが、これがヨーロッパ言語になると名詞の単数・複数はかなり厳しく話し手に求められることになります。

スペイン語の単数は辞書で書いてあるまま使えば大丈夫で複数形は法則に従って変形させなければなりません。

しかし、英語よりも複数形のルールは多くはありません。

この記事で分かること

  1. 語尾が母音の単語の複数形
  2. 語尾が子音の単語の複数形
  3. 例外

語尾が母音の単語の複数形

語尾が母音の単語の複数形はとても簡単で語尾にsを付けるだけです。

例)

  • libros いくつかの本
  • manzanas いくつかのリンゴ
  • hermanos 兄弟たち

基本的にスペイン語は語尾が子音の場合は発音しませんが語尾のsは発音しましょう。

語尾が子音の単語の複数形

これも簡単で子音で終わる語尾にesを付けるだけです。

  • reyes(王様たち)
  • amores(恋人たち)

英語では語尾にyがくる単語の複数形はiesに変換しますがスペイン語はyが子音と見做され語尾にesをつけるだけでOKになります。

この子音が語尾の単語の複数形では一つだけ気を付けてもらいたいことがあります。

それは「複数形でも原形のアクセント記号の元の位置を保つ」ことです。これがどういうことかというと…

例)

joven (若者)

この単語のアクセント位置はnで終わっているので後ろから数えて2番目のoですよね。

しかしこれが複数形になった時に
jovenes

となってしまうと元々oにあったアクセントがその次のeになってしまいます。

スペイン語は「複数形になったからと言って勝手にアクセント記号変えちゃダメだよ」と言っています。

じゃあどうしたら良いかというと、単純にアクセント記号を付けて上げてアクセント記号位置が変わるのを防いであげれば良いのです。

正解)

jóvenes

こうすれば複数形にしてもアクセント記号がずれずに済みますね。

他にも複数形になった時にアクセントを付けなければならない例を紹介します。

examen (exámenes) テスト

dictamen (dictámenes) 

(監査)レポート(日常で使うことはまずない単語ですが、僕の仕事でたまに使う単語です)

cerumen (cerúmenes

 耳垢

アクセントを外さなければならない複数形

上ではアクセントをつけなければならない単語について解説しましたが、逆に「アクセントを外さないといけない」単語の複数形を存在します。

例)

estación→estaciones

上にも書きましたが、スペイン語は単数・複数関係なくアクセント位置は保たなければならないため、iónで終わる単語はesを付けて複数形を作る時、

nで終わる単語は語尾から2番目の母音がアクセントになり、アクセント記号が原則上元の位置に戻り不要になるため取ってしまします。

子音で終わる複数形の時は最後の二つの部分に気を付けましょう。

例外

複数形に変換する時に、あまり数は多くはありませんが例外が存在します。まずは例外でも法則性があるものから解説します。

zで終わる単数名詞

例)

lápiz→lápices 鉛筆

上で解説した通り、lápizは子音で終わっているので語尾にesを付けますが、zを複数形にするときzにesをそのままつけるのではなくzをcに変換してからesをつけることになります。

また、元々aにアクセントが単数形の時についているのでそのままそれを維持して複数形でもアクセント記号を残しておきます。

語尾の母音にアクセントが付く単語

上記で解説した原則でいくとsをそのままつければ良いはずですが、必ずしもそうとは限りません。

このタイプの単語には必ず辞書に複数形(pls)の表記がついているので良く確認しましょう。

例)

  • café→cafés (コーヒー)
  • marroquí→marroquíes(モロッコの/モロッコ人)

単数と複数が同じ形

中には単数と複数が同じ形として使われる単語があり、これを単複同形と言います。

これも単複同形の単語は辞書に必ず書いてあり、単数と複数が同じ形なので複数形にする必要はありません。

例)

  • paraguas 傘
  • crisis 危機

まとめ

英語よりかは複数形のルールは多くはないと言っておきながら、例外が多かったですね…

ただ、やはり日本語が数に対して曖昧なのに対してスペイン語は数に厳しいので複数形の作り方はしっかり押さえておきましょう。

次回は日本語にはない「冠詞」というものについて解説していきます。

お楽しみに!

ゼロから始める 書き込み式スペイン語BOOK

新品価格
¥1,100から
(2020/8/6 09:18時点)

改訂 スペイン語の入門 ()

中古価格
¥199から
(2020/8/9 09:41時点)

カシオ CASIO 電子辞書 エクスワード スペイン・ポルトガル語モデル XD-SR7500 74コンテンツ

新品価格
¥32,799から
(2020/8/9 09:29時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました