海外移住する方法3選!ある条件だけクリアすれば簡単

どうもポジートです。

このブログでは時々僕の海外生活について記事にしていますが、実際にどうやって海外移住したのか気になる方も多いのではないでしょうか?

多分、海外移住するのって結構色々な手続きとかがあって大変そう…というイメージもあるかとは思いますが、

海外移住は「ある条件」さえクリアしてしまえば思ったより簡単に出来てしまいます。

また、今回の記事では海外移住する具体的な方法を3つ解説したいと思います。

海外移住するために絶対クリアしなければならない条件

日本人が海外移住するのに絶対クリアしなければならない条件があります。

それは現地で仕事を得ることでも生活するのに必要なお金を持っていることでもありません。

それはその国に滞在する査証(ビザ)を持っていることです。

数年単位でその国に移住するとなると、ビザがなければ仕事があろうがいくらお金があろうが滞在を継続することは出来ません。

そもそもビザがなければ就労も出来ませんからね(ビザのない就労は違法です)。

因みにビザの取得の難易度は国によってまちまちなので細かい手続きは割愛します。

ということで海外移住するにあたってその国のビザを取得するある程度実現性のある方法を紹介していきたいと思います。

現地の学校に通う(学生ビザ) 再現性:高

例えば語学学校なら、何も無い状態から勉強しに行くので特にスキルもいらないし、国によって短期間であればビザも要らないところもあります。

ブローカーや現地の学校を通して招聘状を出してもらえばビザを取得する場合でも比較的簡単なはずです。

但し気をつけなければならないのは、大学への留学等だと学力試験等を通過しなければならないし、そもそも学費が掛かるので実現性は高いですが、それなりの代償が必要です。

あとは基本的には学校を卒業したら基本的に帰国することになるので、何年も滞在したいという方にはちょっと不向きな方法でもあります。

駐在員になる(就労ビザ) 再現性:中

まずは普通に日本の会社に就職し、ある程度経験を積んでからその国へ駐在員として派遣されるという方法です。

この場合は就労ビザになるので、一番自由度が高い滞在許可となりますし、日本の会社からある程度色々保障(給与福利厚生面や生活水準)されていることが多いため悪くない手段だと思います。

但し、この方法はまず海外駐在を出している企業を選んで(今の時代ある程度の大きさの企業なら何処でも海外現地法人を持ってるとは思いますが…)入社し、ある程度の成績を残して海外駐在員として選ばれなければなりませんので場合によっては狭き門になる可能性があります。

また、稀に海外駐在させるために日本で採用されて派遣される人もいますが、大体は海外駐在というのは期限付きで人気が終わると日本へ戻されるので、永住目的の人にとっては不向きな方法でもあります。

現地採用(就労ビザ) 再現性:高

これは僕のパターンですw

予め日本にいる時に現地の企業に採用してもらい、招聘状を出してもらえば就労ビザも取りやすいしそこから永住権(国によって条件は様々です)をとってしまえば好きなだけその国に滞在することが出来ます。

但し、現地採用でその国で働くということは給与水準はその国の物価に連動するし、語学も仕事が出来るレベルで習得していなければなりません。

もっと言うと、語学だけではダメである程度ビジネススキルも必要になります。

この条件をクリア出来る人であれば、一番この方法が簡単だし多少不安定さはあるものの一つの会社に縛られることもないので結構自由にやっていけます。

まとめ

今回は海外移住するための具体的な方法について解説しました。

方法論としては色々ありますが、仕事だお金だの前に外国にある程度の期間滞在するにはまずビザ(査証)が必要です。

国によってビザの発給条件が違うので、気になる方はググったり、大使館に問い合わせてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました