留学はホームステイの方がいいの?それとも寮生活?

どうも、ポジートです。

一応このブログはスペイン語の語学学習のブログなので、読者さんの中には「いつか海外留学してみたい」と思っている方も多いかと思います。

語学留学をする際には行く国だったり、送る側の学校だったり斡旋業者によって留学中の居住形態が「ホームステイ」か行き先が大学、高校だったら「学生寮」という場合があります。

僕が通っていた大学では語学留学する国によってホームステイ、寮生活に分かれていたので僕の体験談や友人から聞いた話を基にそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

ホームステイ

ホームステイとは、読んで字の如く留学する国の現地の家庭にお金を払って住まわせてもらう方法です。

因みに僕がメキシコに語学留学していた時はホームステイでした。

ホームステイのメリット

ホームステイのメリットはやっぱり現地のネイティブの家族と一緒に生活するので自然と生活をしていくために会話をすることになるし、お願いすれば会話の練習や宿題を手伝ってもらうことも出来ます。

僕は既に大学生で、ホストマザーも高齢のおばあちゃんだったのでどこかへ連れてってもらうといったイベントはありませんでしたが、

ホストファミリーがまだ子育てしている世代だったりすると、家族のイベントや出かける時に一緒に連れってってもらえる場合もあるようです。

ホームステイのデメリット

デメリットはただ一つ、ハズレのホストファミリーを引いてしまうことです。

「ハズレ」の受け取り方も人それぞれですが、主には留学生受入をビジネスと考えているホストファミリーに多いそうです。

食事の準備にお金を取られるのは割とあるというか、最初からそういうルールが決まった上でホームステイすることがほとんどですが、

ある程度お金をちゃんと払っているので夕食にパン一枚とかあるそうです…

食事の問題は共働きで食事を用意する家庭とか、ホストファミリーがあまり食事に拘らない家庭だとそういうことがあり得ます。

とか、家庭の問題に巻き込まれるとか…

そういう例は結構稀だとは思いますが、他人と生活する以上ある程度は我慢する部分が出てくるということは覚えておきましょう。

学生寮

僕が語学留学した際は学生寮というものはなかったので(メキシコは治安上学生だけでほっとくと危ないからなかったのかも…)、ここからは単に知人から聞いたりした話になります。

大学生の方だったら分かる方もいるかもしれませんが、大学や民間企業が管理している寄宿舎に下宿をするというような感じです。

形態は大学の学生寮のように何人1部屋だったり、アパートのような場合もあるようです。

食事も自炊する場合やカフェテリアがあったり様々みたいです。

日本の大学の学生寮のイメージが一番それに近いんじゃないかと思います。

学生寮のメリット

寮のメリットは国は違っても大体同じ世代で学生の身分である人たちが一緒に共同生活することになるので友達は出来やすいと思います。

寮の中できっとイベントやパーティなんかがあったりするはずなので、そういう輪に入って行けば思い出も出来るしきっと語学も上達するはずです。

学生寮のデメリット

僕も学生寮の生活ってなんだか憧れるし(ハリーポッター的な?)、勉強が大変ということを除けば楽しそうであんまり苦労がなさそうな印象ですが、デメリットがあるとすれば、

語学が上達しづらい可能性があるということです。

これはなぜかというと、英語圏ならまだしも基本外国人留学生には留学生専用の寮があります。

英語圏以外の国に来てまだその国の言語が上達していなかったり、お互いに語学レベルが違かったりすると英語でコミュニケーションを取ろうとしてしまいます。

折角その国の言葉を勉強しに来たのにそれ以外の共通言語を使ってしまっては本末転倒ですよね。

留学中に日本人の人が一緒にいてその人と楽なのは分かるけど日本語でコミュニケーションとってしまって結局上達しなかったという人もありがちなので気を付けましょう。

まとめ

今回は留学する際のホームステイと留学のデメリットについて解説しました。

もしどっちの形態か選べるのであれば自分に合った方を選んでみると良いと思います。

でも、語学をちゃんと上達させられるかどうかは結局は自分の頑張り次第ということを忘れないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました