第47限:点過去の語幹母音変化動詞

ポジートのオンラインスペイン語教科書第47限は点過去の語幹母音変化動詞について解説していきたいと思います。

現在形の動詞の活用にも語幹母音変化動詞があり、

「語幹母音変化動詞って何?」という方は下記リンクから詳しく解説している記事を読むことが出来ます。

点過去の語幹母音変化動詞の特徴

語幹母音変化動詞についても前回解説した不規則変化動詞と同様で語幹母音変化について法則があります。

語幹母音変化動詞の法則
  1. 語幹母音変化する動詞はほぼIR動詞。
  2. 3人称単数と複数形の活用のみ語幹母音変化を起こす。
  3. 現在形で語幹母音変化をしても点過去では変化しない動詞がある。

1.は本当にそのままで多分AR動詞で語幹母音変化する動詞は無いかと思います。

この先解説する語幹母音変化動詞は全てIR動詞です。

また、2と3について解説していきます。

3人称単数と複数形の活用のみ語幹母音変化を起こす

点過去の語幹母音動詞は現在形と違って、3人称の単数と複数でのみ語幹母音変化をします。

また、語幹母音変化は現在形と一緒でいくつかのパターンがあります。

o→u型

現在形ではo→ue型でしたが、点過去では母音がo→uで変化します。

dormir ※語幹母音

  •   単数 複数
    1人称 dormí dormimos
    2人称 dormiste dormisteis
    3人称

    durmió

    durmieron

ご覧の通り、dormirの点過去活用では、活用語尾は他の動詞と一緒で

3人称単数、複数のみ母音がoからuに変わっています。

e→i型

e→i型は現在形でe→i型の語幹母音動詞であった動詞が当てはまります。

sentir ※語幹母音

  •   単数 複数
    1 sentí sentimos
    2 sentiste sentisteis
    3

    sintió

    sintieron

seguir ※語幹母音

  •   単数 複数
    1人称 seguí seguimos
    2人称 seguiste seguisteis
    3人称

    siguió

    siguieron

pedir ※語幹母音

  •   単数 複数
    1人称 pedí pedimos
    2人称 pediste pedisteis
    3人称

    pidió

    pidieron

reír ※語幹母音

  •   単数 複数
    1人称

    reí

    reímos

    2人称

    reíste

    reísteis
    3人称

    río

    rieron

※reírの場合は語幹母音変化をすると共に、全てではありませんがiに発音の都合上アクセントが付くので気を付けましょう。

現在形で語幹母音変化をしても点過去では変化しない動詞がある。

また、2つ目のポイントは現在形では語幹母音変化をするけど、点過去になると語幹母音変化をしない動詞があります。

例えばvolverという動詞は現在形ではo→ue型の語幹母音変化動詞ですが、

ER動詞ということもあり、点過去では語幹母音変化の対象となりません。

volver ※語幹母音

現在形活用

  •   単数 複数
    1人称

    vuelvo

    volvemos
    2人称

    vuelves

    volveis
    3人称

    vuelve

    vuelven

点過去活用

  •   単数 複数
    1人称 volví volvimos
    2人称 volviste volvisteis
    3人称 volvió volvieron

上記に書いた通り、語幹母音などせずそのまま活用してしまって大丈夫です。

また、下記は現在形だと語幹母音変化や不規則変化をするが、点過去だと語尾をそのまま点過去の規則語尾活用を適用して大丈夫な動詞です。

  • salir
  • perder
  • conocer
  • valer(価値がある)
  • mostrar
  • pensar
  • adquirir
  • contar(数える)
  • jugar

まとめ

今回は点過去の語幹母音変化動詞について解説しましたが、

実際に語幹母音変化動詞はIR動詞でその中でも限られている動詞が変化するだけですが、

語幹母音変化するのかどうか迷った場合は必ず辞書で確認するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました